星に願いを

〜かんじんなことは、目に見えないんだよ。心で見なくちゃ〜

初めての双眼鏡で星空観察(M3とMel.111)

とりあえず手軽に星空に親しめたら、と思って、よい本を探していたら、「双眼鏡で星空ウォッチング」(白尾元理、丸善出版)という本が見つかったので、購入してみました。

パラパラと読んでみた感じでは、思っていたとおりの本で、大変良かったです。アマゾンの古本で購入したのですが、たぶん未読本ですね。良い買い物でした。

f:id:p-in:20210406233429j:plain

 

さて、今日は雨なので、この数日の星空ウォッチングを書いておこうかなと思います。だいたい、午後10時から12時くらいに、気分転換で、気が向くとちょっと庭に出て、星を眺めているのですが、なにせビルの谷間なので、どうしても天頂付近がメインとなってしまいます。

今は、ちょうど牛飼い座のα星アルクトゥルス(私的にはアークトゥールス)が東の空から次第に高度を上げてきているので、星図でその付近をみると、M3球状星団があったので、これを見つけてみようと思ったのですが、これがなかなか見つかりません。

「双眼鏡で星空ウォッチング」と「メシエ天体&NGC天体ビジュアルガイド」を見ながら、双眼鏡で何日か付近を探してみると、面白いもので、だんだんと周囲の星の配置が頭に入ってきます。星図の星の配置を、星空に見つけられるようになると、とても楽しいです。

牛飼い座も古い星座で、フェニキアからギリシャに伝わったとか。フェニキアは、調べてみると現在のレバノンあたりの地域だったようです。3度にわたるポエニ戦争でローマを苦しめたカルタゴは、フェニキアの植民地でしたね。ローマ文学の最高峰、ウェルギリウスの『アエネーイス』では主人公のアエネーアースはカルタゴの女王ディードーと恋に落ちる場面があります。

実は、フェニキアは、古代ギリシャ語で Φοινίκη(ポイニーケー)と呼ばれたらしく、ポエニ戦争というのは、そこから来ていたんですね。

ポエニ戦争カルタゴがローマを苦しめていた頃、フェニキアはすでにアレクサンドロス大王マケドニア王国にのみこまれていたのですが、その歴史ははるか紀元前15世紀から同8世紀くらいまで続いたとのことで、航海技術に長け、カルタゴからイベリア半島まで、力をのばしていました。

そのためか、古代エジプトメソポタミアの影響か、天文知識の水準も高かったようで、それが、紀元前8世紀頃、古代ギリシャに伝わり、ホメロスやヘシオドスの作品に描かれている星座や星につながっていった、ということのようです。

 

さて、脱線しましたが、牛飼い座のイメージはこんな感じです。

f:id:p-in:20210407224957p:plain

牛飼い座付近の星座(アプリ「iステラ」より)

牛飼い座の足元の明るい星が、アルクトゥルス(Arcturus)で、全天でシリウスカノープスに続いて3番目に明るい星なので、すぐに見つかります。

今回は、アルクトゥルスを起点に、M3球状星団を探してみました。

f:id:p-in:20210407230637p:plain

Bootes_constellation_map.png: Torsten Brongerderivative work: Kxx, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

 

これはアプリ「星座表∞」の画面キャプチャに書き込みしたものですが、牛飼い座α星アルクトゥルスのすぐ近くには、牛飼い座η(エータ)星が見つかりますが、M3球状星団は、アルクトゥルスとη星を結ぶ線からおよそ60度ほどの角度の方向にあるようです。ただ、M3の近くに、あまり明るい星はありません。

f:id:p-in:20210407233311j:plain

「双眼鏡で星座ウォッチング」には猟犬座α星とアルクトゥルスを結ぶ線のほぼ中間にあるという説明ですが、猟犬座α星はちょっと遠いので、アルクトゥルスから、牛飼い座12番星、9番星、3番星と辿ってみました。

双眼鏡で覗いた視野でいうと、アルクトゥルスと12番星がちょうどひとつの視野に収まる感じになります。双眼鏡の視野は、だいたい7度らしいので、それを目安に辿って行けそうな星を探すわけです。

12番星が見つかると、今度は12番星、9番星、3番星をひとつの視野に入れることができるでしょう。後は、9番星と3番星を結ぶ線から60度の方向に、ちょうど同じくらいの距離を目安に、M3を探します。

 

この本にも、9番星と3番星、M3が正三角形をつくる、と書いてありますので、その辺りを眺めていると、視等級6.22のヒッパルコス66725という暗めの星が見えてきますが、M3球状星団はそのすぐ左にあるはずです。

あ〜、あれかなぁ(笑)。M3球状星団は、6.39。都心部の光害の中では、私の双眼鏡8×42くらいでは、ぎりぎり見えるかどうかですが、ヒッパルコス66725は割と空の状態が良い時には確認できたので、見えてもおかしくはないですね。

といっても、心の目で見るというのに、かなり近い感じですが、暗い恒星の周りがちょっと滲んだ感じで、確認できました。やった〜!

いいんですよ。こんな感じで。でも、口径30cm、焦点距離2000mm以上の望遠鏡で覗いてみたら、どんな感じだろう、と思わなくもないですね。(泣笑)

 

というわけで、これがM3球状星団です。

f:id:p-in:20210408003915j:plain

M3球状星団

HST / Fabian RRRR, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

 

M3は、シャルル・メシエが彗星に似た天体をカタログにまとめる契機となった天体とされています。(M1,M2はすでに発見されていた天体なので)

50万個の恒星を抱える大きな球状星団で、直径180光年、年齢80億年、地球からの距離は約3万3900光年です。ちなみに、太陽系の銀河中心からの距離が、2万5800光年で、球状星団の多くは、天の川銀河の渦から遠く離れた銀河ハローという部分に位置する天体です。

 

負け惜しみは言ってみたものの、やっぱり、ちょっと達成感が薄いので(笑)、近くの髪座(かみのけ座)の散開星団、Mel.111を探してみました。

f:id:p-in:20210407224812p:plain

髪座(かみのけ座)付近の星座(アプリ「iステラ」より)

髪座(かみのけ座)はα星でも視等級4.3、星座の輪郭がはっきりしませんが、双眼鏡で付近を眺めると、控えめな輝きの星が無数に散りばめられていて、髪座(かみのけ座)とはうまい表現だなと思えます。

髪座(かみのけ座)は、ベレニケの髪(Coma Berenices)と呼ばれていて、エジプトの王妃ベレニケが、故あって自慢の美しい髪を神殿に供えたものを、その美しさに魅せられた大神ゼウスが星座にしてしまった、というのが謂われだそうです。星座の設定者は、ティコ・ブラーエです。

散開星団Mel.111は、見かけの大きさが275′(およそ4.6°)もある大きな散開星団で、ちょうど髪の毛の頭の部分全体がMel.111にあたります。

双眼鏡で眺めると、視野一杯に散開星団が広がって、とても美しいです。

髪座(かみのけ座)のα星、Β星、γ星は比較的に目立たない星ですが、周りも暗いので何となく見つかります。

散開星団Mel.111の範囲は、はっきりしませんが、髪座(かみのけ座)7、8、12、13、14、16、17、18、21、22番星はこの星団のメンバーとのこと。γ星、23番星は含まれないそうです。

星数30ということなので、それくらいの星は双眼鏡の視野に入ってきます。きれいですよ〜。

f:id:p-in:20210408015100p:plain

No machine-readable author provided. RichardB assumed (based on copyright claims)., Public domain, via Wikimedia Commons

 

これは、アプリ「星座表∞」の画面キャプチャです。右上の明るい星が、髪座(かみのけ座)γ星です。

f:id:p-in:20210408015815p:plain

散開星団 Mel.111(アプリ「星座表∞」より)

だいたいこんな感じに見えます。双眼鏡で見たイメージの方が透明感があって美しいですね。

散開星団 Mel.111は、星数30、直径22光年で、視等級2.7、地球からの距離260光年です。比較的に近い散開星団なので、大きく見えますよね〜。

ちなみに、髪座(かみのけ座)の方向は、天の川銀河の極にあたるので、銀河面の星や星間物質が少なく、宇宙の深淵部が見通せるエリアです。

こちらも口径20cm以上の望遠鏡なら、多数の銀河が群がった様子がわかるそうです。やっぱり、望遠鏡、欲しいかなぁ。

 

こちらは乙女座銀河団です。右上が散開星団 Mel.111ですね。

f:id:p-in:20210408023002p:plain

乙女座銀河団(アプリ「星座表∞」より)

 

f:id:p-in:20210408023105j:plain

ESA, NASA, Public domain, via Wikimedia Commons

 

これは、乙女座銀河団NASAの写真、中央右の明るいのがM86レンズ状銀河、その右端がM84。乙女座銀河団は、太陽系からの距離はおよそ6500万光年、1300から2000の銀河で構成されていて、天の川銀河が所属する局部銀河群は、この乙女座超銀河団の端の方に位置しているといいます。何ともスケールの大きな話です。